2019-06-27 10:08
|
2019-06-27 10:08

あげすぎ注意! 1日あたりの犬のおやつの量と目安

みなさんはワンコたちにおやつを1日どれくらいあげているか把握していますか? おやつはあげすぎ要注意! その習慣が原因で、肥満になったり、健康が損なわれてしまう可能性も。今回は、1日あたりの理想的な犬のおやつの量と目安をご紹介します。

犬におやつをあげすぎると起こる弊害

おやつをあげすぎると、健康面に大きな影響を及ぼします。理想的な量を知る前に、あげすぎてしまった場合の弊害を整理しましょう。

  • 肥満になる
    肥満の多くの原因は、おやつの食べ過ぎ。カロリーを余分に摂取している分、太ってしまいます。太り気味の子は、ダイエット向きのフードに変える前に、いつもの食生活に問題がないか見直しましょう。
  • 栄養過多、栄養失調
    カロリーコントロールをしていれば、おやつを中心の食生活にしてもよいという訳ではありません。栄養バランスが整ったドッグフードに対し、おかしや人間の食べ物だけでは栄養に偏りがあるため、健康に支障をきたします。
  • 偏食になる
    また、犬は、塩分、脂肪含有量が多いものを覚えると、さらに多くが含まれるものを欲しがるています。そのため、おやつや人間の食べ物の味になれると、ドッグフードを食べないなど偏食になる可能性があります。

1日あたりの犬のおやつの量と目安

では犬は実際におやつはどれくらいの量食べてもよいのでしょうか。おやつは、一日あたりの給与カロリーに対して、10~20%くらいをあげるのが理想です。

■犬のカロリー必要量(kcal/日、参考値)

犬のカロリー必要量(kcal/ 日、参考値)
出典:環境省発行「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」

愛犬の運動量、年齢等に合わせた、さらに詳しい犬のカロリー必要量は、レオ&レアのマイカルテ(無料)を作成すると算出できます。

例えば、レオ&レアスタッフ犬 くーくんの場合

このカロリーは、1日に必要な摂取カロリーの90%なので(マイカルテ作成時におやつをあげるをチェックしています)。

つまり1日あたりの犬のカロリー必要量(kcal/日、参考値)は、
225kcal ÷ 0.9 = 250kcal

おやつ分にあたる10%は、
250kcal ×0.1=25kcal

1日あたり、25kcal分のオヤツがあげられる計算です。

1日あたりの犬のおやつの割合

犬のおやつの量は意外に少ない!

ちなみに、この25kcal分のおやつ。どれくらいの量か、レオ&レアのジャーキーで調べてみました。

ビーフジャーキーだと、、
25kcal / 449kcal ×100g = 5.56g

ビーフジャーキー 5g
ビーフジャーキー 5g

ササミジャーキーだと、、
25kcal / 449kcal ×100g = 7.26g

ささみジャーキー
ささみジャーキー 7g

そう、思ったより少ないんです! 小型犬は人間に比べて身体は何倍も小さな身体、犬にとってのおやつの量は、これくらいで十分なんですね。

トッピング、つまみ食いもカロリーに含まれる!

おやつに限らず、トッピングや飼い主さんのご飯のつまみ食いだって、摂取しているものの一つ。犬が1日の中で何をどれくらい食べているのか、全て洗い出すことが大切です。人間の食べ物は、カロリーが高いので注意が必要!

ヨーグルト:スプーン3杯 23kcal
チーズ:1P(18g) 82kcal

ワンコたちは人間に比べて、小さな身体。キラキラとした瞳見つめられると、ついあげたくなってしまうものですが、心を鬼にしてグッとこらえましょう。毎日の積み重ねが、愛犬の長生き、健康につながります。

※環境省発行「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」(平成21年10月発行)をもとに株式会社ワントモ作成

レオ&レアとブルドッグのイメージ