Category: 獣医師監修
2018-12-07 16:44
|
2018-12-07 16:44

獣医師に聞いたトイプードルの涙やけの原因とケア方法

涙やけに悩む子が多くみられる、トイプードル。日々様々な悩みを抱える犬の診察を行う獣医師・松田先生に、トイプードルの涙やけの症状・原因・ケア方法を教えてもらいました

獣医師の松田康良先生
教えてくれるのは……シートン動物病院 松田康良先生
2007年獣医師免許取得。シートン動物病院に勤務する傍ら、東京農工大学付属動物医療センターで特任助教を務める。かつては犬・猫・ウサギの目を重点的に治療する東京ウェスト動物病院に勤務し、二次診療施設である日本獣医生命科学大学動物医療センターで研修医もしていた。ノルウェイジアン・エルクハウンド1頭と猫4匹と暮らす。

トイプードルは身体の構造的に涙やけになりやすい

涙やけができる仕組みの解説図

目から涙が溢れ、目の周りが湿り、その部分の毛が変色する症状を「涙やけ」といいます。

涙は涙腺で作られ、涙点から鼻涙管を通り排出されます。しかし、何らかの原因でその涙の通り道に、不純物等がつまったり、涙の量が増えたりすると、目から涙が溢れ涙やけの症状が見られるのです。

特にトイプードルは鼻涙管が細く、また鼻涙管につながる穴(涙点)が小さかったり開いていなかったりするため、涙やけのトラブルを抱えやすい犬種です。トイプードルの他には、チワワ、シーズー、マルチーズなど目が大きく、毛が長い短犬種が涙やけになりやすいです。

トイプードルの涙やけの原因

続いて、考えられる主な原因の症状をさらに詳しく解説していきます。

1.先天的に涙点・鼻涙管がつまりやすい

パピー期から涙やけの症状がみられる場合。先天的に体の構造に問題がある可能性が高いです。涙の通り道である涙点や鼻涙管がつまり、涙が溢れてしまうことで、涙やけが発生します。

この場合は、涙をこまめに拭いたり、毛をカットしたりして、目の周りを清潔に保つことで涙やけを予防します。症状が深刻な場合は、鼻涙管の洗浄や手術を行い、つまりを解消します。

2.角膜の傷

角膜が傷つき、涙の量が増えていることがあります。トイプードルの場合、異物混入によるものや、目の周りの毛や逆さまつげなどによって傷がつくことが多いです。

目には充血がみられ、犬が掻いたり、瞬きしたりしていたら要注意。治療は、角膜の傷の原因を取り除き、目薬による治療を行います。逆さまつ毛の場合、毛を抜いたり、外科的手術を行ったりし、角膜を保護します。

3.目の病気や歯周病の影響

目自体に問題を抱えていたり、何からの病気が影響して、涙の量が増えたり涙の成分が変化します。例えば、歯周病の細菌が、歯肉から鼻涙管にまで広がり、涙やけの原因になっていたというケースなどです。涙やけは重篤な病気のサインの場合もあるので、必ず医師の診断を受けましょう。

4.アレルギーによる炎症

目元のみならず、全身に症状が見られる場合は、花粉症や食べ物のアレルギー、アトピー性皮膚炎を疑います。症状がみられるのが、季節や場所に法則性があれば、アレルギーの可能性が高いです。

5.食べ物

涙やけと食べ物の因果関係は、まだ明確になっていませんが、食べ物で涙やけが改善したケースはいくつかみてきました。原因が特定できない場合は、ドッグフードを変えてみてもいいかもしれません。

涙やけのケア方法

涙やけを放置してしまうと、細菌が繁殖し、皮膚炎になってしまいます。

  • 目の周りの毛を短くカットする
  • 涙をこまめに拭き取る

などを心がけて清潔に保ちましょう。
また、毛の変色がどうしても気になる場合は、オキシドールを使った漂白などいくつかありますので、獣医師に相談してみてください。

様々な原因が考えられる涙やけ。症状が気になったら、まずは獣医師に相談しましょう。重篤な病気のサインかもしれません。

※個別の診断は必ず獣医師に直接してもらうことをおすすめします。

■トイプードルに多い涙やけがドッグフードで改善-お客様の声-

レオアンドレアとトイプードル