【獣医師監修】片目か両目かで原因を判断!犬の涙やけの原因と対策

健康2018年12月6日by 松田康良先生

かわいい愛犬の表情を変えてしまう、涙やけ。原因がはっきりせず悩む方は少なくないのではないでしょうか。日々様々な悩みを抱える犬の診察を行う獣医師・松田先生に、涙やけの症状・原因・対処方法を教えてもらいました。
涙やけよりも目やにが気になる!という方は目やにについての記事をご参考下さい。

涙やけができる仕組み

涙やけとは目から溢れた涙で、目の周りの毛が変色する「症状」のこと。何かしらの理由で目から涙が溢れ出たことにより、目に含まれた塩化メゾチュウムという消毒成分が毛の色を変色させ、涙やけを起こします。本来、涙は鼻涙管を通り鼻腔から喉へ抜けます。鼻涙管に不純物等がつまったり、涙のうが炎症を起こしたり、目の病気や傷が原因で涙の量が増えたりすると、目から涙が溢れ涙やけの症状が見られるのです。

涙やけの症状は両目?片目?どちらで発生しているかをチェック

ひどい涙やけのワンちゃんが来院されたときは、まず症状が起きているのは、両目か、片目だけか、また左右の状態に差がないかを確認します

一概にはいえませんが、両目で症状が起きている場合、鼻涙管が狭いなど先天的な体の構造の問題、あるいは、アレルギーや食べ物が原因であることもあり、通常治療に時間がかかります。片目だけ症状が見られる場合は、角膜に傷がついていたり、異物(寄生虫、植物など)、逆さまつげ、歯周病などの目以外の疾患など、早急に処置を行う必要がある病気も考えられます。

このように涙やけの原因は、さまざまで、時には白内障やブドウ膜炎、緑内障など重篤な病気が隠れているサインになりうることも。まずは獣医師の診断を受け、その原因を明確にすることが大切です。

涙やけの原因別、症状と対処方法

続いて、考えられる主な原因の症状をさらに詳しく解説していきます。

  • 生まれつき涙点・鼻涙管がつまりやすい
    以下の身体の構造上をもつ犬は、涙点・鼻涙管がつまりやすいため、涙が溢れやすく涙やけを起こすことがよくあります。

    目が大きい
    鼻が短い
    毛が長い

    トイプードル、チワワ、シーズー、マルチーズなどの犬種がこれに該当します。特にトイプードルは鼻涙管が細く、また鼻涙管につながる穴(涙点)が小さかったり開いていなかったりするため、涙が流れやすい犬種です。

    チェックポイント
    両目に涙やけの症状が見られる
    パピー期から涙やけの症状がみられる

    治療

    先天的な問題であるため治療は簡単ではありません。基本的には、涙をこまめに拭いたり、毛をカットしたりして、目の周りを清潔に保つことで涙やけを予防します。症状が深刻な場合は、鼻涙管の洗浄や手術を行います。

  • 目に入ったゴミや逆さまつ毛
    目に入ったゴミや逆さまつ毛が原因で、角膜が傷つき、涙の量が増えていることがあります。角膜は一度傷がついてしまうと、感染症などを起こし重篤な状態になる可能性があるため、早めの対処が必要です。

    チェックポイント
    左右の目に症状の差が見られる
    目が充血している
    犬が目を気にして掻いたり、擦ったりしている
    しぱしぱ瞬きをしている
    目があきにくい、細めている

    治療
    角膜の傷の原因となるものを取り除き、目薬による治療を行います。逆さまつ毛の場合、毛を抜いたり、外科的手術を行ったりし、角膜を保護します。

  • 白内障・ブドウ膜炎などの目の病気や歯周病など
    目は犬の健康状態を映す鏡です。涙やけは、目の病気の他、歯周病など目に隣接する部分に問題を抱える場合もあります。発見されるのは、医師の診断を受けた際に初めてわかることがほとんどです。

    チェックポイント
    左右の目の症状に差が見られる

    治療
    獣医師による判断の元、各病気の治療を行います。

  • アレルギーによる炎症
    花粉症や食べ物のアレルギー、アトピー性皮膚炎によって、涙の量が増えていることがあります。

    チェックポイント
    両目に症状が見られる
    目元のみならず、全身を掻いたりしている
    皮膚が赤かったり、フケが出ていたり、脱毛がみられる
    特定の季節、場所で症状がみられる

    治療
    皮膚そのものの問題(アトピーなど)あるいはアレルギーの痒みを止める内服薬を処方したり、なるべくアレルゲンに触れさせないための対策行います。

  • 食べ物
    1~4が原因でない場合、考えられるのは食べ物による原因が考えられます。今までにもドッグフードを変えたことで、涙やけが治ったというケースをいくつか見てきました。涙やけ食べ物の関連性については、医学的にまだ明確になっていないのが現状です。

涙やけのケア

涙によって毛が固まるとその下の皮膚が炎症を起こす可能性があります。涙はこまめに拭き取り、目の周りの毛は短くカットするなどワンちゃんの顔を清潔に保ってあげてください。涙やけの色がどうしても気になる場合は、オキシドールを使った漂白などがあるので、医師に相談してみてもよいでしょう。

涙やけの犬は、重篤な病気を抱えている場合や、涙やけが原因による皮膚の炎症などを抱えている場合があります。悪化してしまう前に、涙やけを「毛の色が変わってしまっているだけ」と軽く考えず、一度獣医師に相談してみてください。

※個別の診断は必ず獣医師に直接してもらうことをおすすめします。

関連記事:

心配な犬の涙。原因となる目の疾患・病気の代表例

専門家に相談!トイプーに多い涙やけ。自宅で簡単3ステップお手入れ

病院にいく目安は? 獣医師が教える犬の目ヤニの原因と症状

トイプードルに多い涙やけがドッグフードで改善-レオ&レアお客様の声-

記事執筆&監修:
松田康良先生松田康良先生獣医師

2007年獣医師免許取得。シートン動物病院に勤務する傍ら、東京農工大学付属動物医療センターで特任助教を務める。かつては犬・猫・ウサギの目を重点的に治療する東京ウェスト動物病院に勤務し、二次診療施設である日本獣医生命科学大学動物医療センターで研修医もしていた。ノルウェイジアン・エルクハウンド1頭と猫4匹と暮らす。

WANTIMES は、愛犬の健康を第一に考えた 国産ドッグフードブランド「レオ&レア」が お送りしています。

- 愛犬の健康は、毎日の食事から -

お客様満足度93%愛犬の健康とご家族の安心を考えてつくった国産ドッグフード

✓ 良質な国産食材のみ使用✓ わたしたちも食べられる品質基準✓ 愛犬にぴったりのフードプランでお届け

無料でプランを確認する

*顧客満足度:2018年8月自社調べ

おすすめ
カテゴリー新着
Follow us on SNS
https://www.instagram.com/p/Cee20kLvgl1/
https://www.instagram.com/p/Cecg-TPPRX7/
https://www.instagram.com/p/CeVpEcmMj-b/
https://www.instagram.com/p/CeSNVMlsJlh/
https://www.instagram.com/p/CeLhfK2PtQP/
https://www.instagram.com/p/CeFjcEcuFAw/
https://www.instagram.com/p/CeDpXB4vBuQ/
https://www.instagram.com/p/CeBHp25vDgj/
https://www.instagram.com/p/Cd9ZQaANIjy/