|
2020-03-06 11:00

春野菜でつくる、”気分転換”の簡単レシピ

暖かい季節が近づくと、わくわくした気分になるものです。でも愛犬の様子がなんだか気になる、食欲が不安定と感じることはありませんか?春は犬の体に様々な変化が起こりやすい季節です。身近にある旬の食材を活用し、不調の改善をお手伝いしてあげましょう。

春野菜を使った、胃腸にやさしいかき玉スープ

野菜は種類によって、それぞれ異なる栄養素を持っています。色とりどりの野菜を織り交ぜることでバランスよく旬の栄養を摂取できます。春野菜の中でも、キャベツには胃腸粘膜の新陳代謝を活発にさせる働きがあるので、積極的に取り入れましょう。他にも様々な野菜をトッピングして、カラフルで栄養満点なオリジナルレシピに挑戦を!

調理時間 約10分

-材料(5kgの小型犬分)
卵 1個
キャベツ 20g
ニンジン 20g
トマト 25g
オリーブオイル 適量
水 250ml
レオ&レアフード 25g

-作り方
①キャベツ、ニンジン、トマトを一口大に切る
②オリーブオイルをひいたフライパンでキャベツ、ニンジンを炒める
③水を加え、煮立ってからトマトを加え煮込む
④最後に溶き卵を、まわしいれ完成

水分たっぷりなトッピングレシピで、停滞しがちな胃腸の働きを促してあげましょう。

いろいろな食感をプラス!栄養豊富なアスパラリゾット

色の濃い野菜にはそれだけたくさんの栄養が含まれています。春に芽を出す身近な野菜を愛犬にもお裾分けしてあげましょう。アスパラには疲労回復、グリーンピースには腸内環境を整えてくれる栄養素が含まれています。リゾット風アレンジでいろいろな食感を楽しみつつ、停滞しがちな食欲を改善しましょう。

調理時間 約10分

-材料(5kgの小型犬分)

米 少々
卵 1個
アスパラ 15g
グリーンピース 7g
オリーブオイル 適量
水 100ml
レオ&レアフード 25g

-作り方
①アスパラを一口大に切る
②グリーンピースの薄皮とる
③オリーブオイルをひいたフライパンにアスパラ、グリーンピースをいれ炒める
⑤鍋に白米、水、卵を加え、水分がなくなるまで煮込んだら完成

いつものフードとはちょっと違った食感をプラスすることで、愛犬の好奇心を刺激し、ご飯タイムを楽しんでもらいましょう。

春野菜盛りだくさん!貧血予防におすすめのホワイトグラタン

身近な食材にひと手間加え、食感も風味もグレードアップに挑戦してみませんか!?ブロッコリースプラウトは「野菜の王様」といわれるほどに栄養満点です。愛犬の食欲が振るわない時はもちろん、シニア犬や体調不良な時にもおすすめのレシピです。豆乳の甘い風味が愛犬の食欲を促してくれます。チーズを加え、さらに美味しさアップもおすすめです。

調理時間 約20分

-材料(5kgの小型犬分)
ジャガイモ 100g
ニンジン 45g
キャベツ 25g
菜の花 30g
ブロッコリースプラウト 少々
無塩バター 20g
薄力粉 大匙3
豆乳 200ml
パン粉 少々

-作り方
①フライパンに無塩バターを溶かす
②①に薄力粉を加え、よく混ぜる
③②に無調整豆乳を加え、よく混ぜ合わせホワイトソースを作る
④キャベツ、菜の花、ジャガイモを一口大に切る
⑤ジャガイモと菜の花を茹でる
⑥④とブロッコリースプラウトを耐熱皿に入れ、ホワイトソースをかけパン粉を少量振りかける
⑦表面に焼き色がつく程度にオーブン(オーブントースターでもOK)で焼き上げ、粗熱が取れる(人肌程度)まで冷まします

カロリーが気になるワンコにはホワイトソースを控えめな量に。スペシャルメニューは、きっと愛犬の大好物になることでしょう。

春は野菜が一斉に芽吹く季節です。たくさんの栄養を含んだ旬の食材をぜひ愛犬にもお裾分け。一手間加えた特別なレシピなら、愛犬の食へのお悩みを解消できるでしょう。元気に食べてくれる様子は家族にも幸せな時間をもたらしてくれます。

レオ&レアは良質な国産食材をつかった栄養バランスの整った総合栄養食です。レシピの材料に記載のある通り、トッピングする場合はフードの量を減らし摂取栄養量を調整してあげましょう。

執筆・協力
レシピ・執筆・撮影:大谷幸代
調理協力・ビジョナリーアーツ専門学校ビジネス専攻

- あなたと、あなたの愛犬とのために -