【ドッグトレーナー監修】いつでも、どこでも食べられる?災害時に役立つしつけ

ライフ2022年9月1日by 大谷幸代さん

9/1~9/7は防災週間です。災害備蓄用品や非常持ち出し袋の中身を確認し、消費期限があるものは新しい物と入れ替えましょう。ワンコ用のフードも自宅備蓄用、持ち出し用とそれぞれの準備もお忘れなく。この記事では、ドッグトレーナーの大谷幸代さん監修のもと、災害時などもしもの時に役立つ、食に関するしつけを紹介します。

ワンコの目にはどう映る?災害時の様子

📸:カーテンからひょっこり、のんちゃん(@nonchan_snow)📸:カーテンからひょっこり、のんちゃん(@nonchan_snow)

災害が発生すると、ワンコは音や振動、熱風などに恐怖を感じるだけでなく、慌てたり不安そうな家族の様子をまのあたりにし、どう対処すればいいのかわからず混乱に陥ります。家族はワンコ連れで安全な場所へ避難しようと準備を進めますが、ワンコにとってはなぜ今、安全なはずの自宅から出かけなければならないのか理解ができず、大好きなはずのキャリーバックを拒んだり、物陰に隠れてしまうこともあります。

無事、避難先に到着でき、家族には数時間後~数日後の見通しがつく状態となっても、ワンコにはこの状況がすぐに終わるのか、長く続くのか予測ができず、混乱と不安は募るばかりです。

食料の準備だけでは、備えは不十分。

災害対策にワンコ用の数日分のフードの備蓄は必ず必要ですが、それだけで十分とは言えません。経験のない出来事に直面し、普段とは違う家族の様子を敏感に感じ取ることで、ワンコの食欲は減退します。

これまで、「ドッグランやドッグカフェなどの外出先で他犬の食べ物を欲しがってはいけません」「家族以外の人からもらう物を食べてはいけません」と教えられ、しっかりと教えを守ってきたワンコたちは、以下のような場面に遭遇すると戸惑い、不安を増大させてしまうでしょう。

  • 普段使い慣れている食器がなく、いつもと違う環境で食事をしなければならない。

ワンコ用のお皿が用意できず、床や雑紙の上にフードを直置きすることも災害現場では珍しいことではありません。

  • 家族の負傷や体調不良により、家族以外にお世話になる。

場合によっては、初対面の相手から初めての場所で食事をもらうことも起こりうります。


犬の嗅覚は、人間の数千倍も敏感であるため、フードやオヤツにつくわずかな人間の皮脂の臭いもしっかりと嗅ぎ分けています。ワンコは家族の臭いがついた食べ物に安心感を覚え、安全性を感じ普段の食事をしています。目の前に置かれた食べ物に見知らぬ人の臭いがついていれば、警戒し、食事を口にしないこともあるでしょう。しかし、これは栄養失調や過度なストレスなど深刻な不調につながることもあります。

もしもの時に備えて、普段と異なる環境でも安定的に食事をとれるよう普段から2種類のしつけをおこなってゆきましょう。

<初回購入40%オフ!>レオアンドレアのフード購入はコチラ

身につけておきたい、2種類の食に関するしつけ

①家族の手のひらからフードを食べる練習

方法はとても簡単です。

  1. 家族の手のひらに、いつものフードを1食分のせます。
  2. 愛犬が完食するまで、家族は手のひらを差し出したままでいます。
  3. 完食出来たら、大いに褒めます。
  4. この方法を家中の色々な場所で試し、時には車の中や外出先でもチャレンジしてみてください。

このしつけでは、食事は食べることが何より大切であり、食べ方や場所は重要ではないことをワンコに理解してもらいます。食事はいつも同じ皿で、同じ場所に置かれることが当たり前と認識しているワンコの場合だと、普段とは違う環境下でフードをどのように食べればよいかわからず、口を付けることができないことがあります。

早食いや丸飲み癖のあるワンコは勢い余って家族の手を噛んでしまったり、手のひらのフードを床に落とそうと試みることもあります。この方法が習得できていると、皿が準備できない場合や車中で過ごす場合でも臨機応変に食事をとることができます。

<関連記事>犬の早食い、丸呑み大丈夫?

<プレゼントに、しつけのお供に!>国産・無添加おやつシリーズ

②家族以外からフードをもらう練習

この方法には、周りの方の協力が必要です。

  1. トリミングや散歩、通院時などに、1口サイズに刻んだオヤツを少量持参します。
  2. トリマーや獣医師、お散歩友達などに依頼し、ワンコにオヤツをあげてもらいます。

※この時、お座りやマテなども併せて指示出しをしてもらうと、ワンコは家族以外の指示も従う必要があることも合わせて学習することができます。

ワンコが家族以外の人の手から差し出されたオヤツを食べることができたら、大いに褒めます。

慣れるまでは、戸惑い、オヤツを拒否することもあるでしょうが、もしもの時のためのとても大切な社会化トレーニングです。不安や危険を感じて警戒する様子が見受けられたら、家族が声を掛け、食べ物を受け取ってもいいということを伝えてあげてください。ワンコの性格によって、習得までに時間がかかることもありますが、もしもの時に必ず役に立ちしつけなので、気長に楽しみながら習得を目指してゆきましょう。

<関連記事>犬のしつけの基本

しつけはシチュエーションや目的に合わせて使い分けを

犬のしつけは、あらゆる場面を想定して、いくつかのパターンを使い分けることが大切です。災害発生時は、命をつなぎ続けることや食べ物を口にすることを最優先としたいはず。手のひらに置かれた食べ物や、家族以外に差し出された食べ物を口にすることがいかに家族の安心につながるかを想像し、災害に向けたしつけにも取り組んでゆきましょう。

まとめ

ドライフードや持ち運びに適したオヤツを日ごろから食べ慣れていると、災害用備蓄や避難後の食事、お世話がとてもスムーズです。レオ&レアのパッケージは愛犬の顔写真入りですから、災害時に家族以外にお世話を託す時も一見で、フードの持ち主がわかり重宝します。無添加オヤツシリーズは、常温保存が可能で、与える時に手指が汚れにくいので、いつでも誰でも気軽に与えることができオススメです。

<初回購入40%オフ!送料無料>レオアンドレアのフード購入はコチラ

<国産・無添加>レオアンドレアのおやつシリーズはコチラ

パッケージも健太オリジナル✌️カルテ登録で推奨🍚量アドバイス付き✌️もちろん健太の食べっぷりも🙆💮これなら迷いなく もしもの常備食としてストック決定です😄👍️✨(@naponaposhiba)パッケージも健太オリジナル✌️カルテ登録で推奨🍚量アドバイス付き✌️もちろん健太の食べっぷりも🙆💮これなら迷いなく もしもの常備食としてストック決定です😄👍️✨(@naponaposhiba)
記事執筆&監修:
大谷幸代さん大谷幸代さんドッグトレーナー

大学在学中にイギリスへの短期留学を経験し犬とのライフスタイルを学びペットビジネスの世界へ。20年以上にわたり生体販売、トリマー、トレーナー、店舗開発、成田空港内ペットホテル開業にと従事。現在は3匹の保護犬と1匹の保護猫をパートナーにペット用品の開発、コラム執筆、専門学校講師として活動中。

WANTIMES は、愛犬の健康を第一に考えた 国産ドッグフードブランド「レオ&レア」が お送りしています。

- 愛犬の健康は、毎日の食事から -

お客様満足度93%愛犬の健康とご家族の安心を考えてつくった国産ドッグフード

✓ 良質な国産食材のみ使用✓ わたしたちも食べられる品質基準✓ 愛犬にぴったりのフードプランでお届け

無料でプランを確認する

*顧客満足度:2018年8月自社調べ

おすすめ
カテゴリー新着
Follow us on SNS