パグ

犬種図鑑

パグ

原産地 中国
ダブルコート、シングルコート
毛色 シルバー、アプリコット、フォーン、ブラック、マズルやマスク
別名 モプス、カーリン
体重 6-8kg

パグの特徴

パグは、コンパクトな体型でがっしりとし、体も顔つきも、ぎゅっとつまっているような印象を与えます。
しわだらけの顔、大きな瞳がとても愛らしい犬種です。
足取りは軽いですが、特徴的な歩き方をします。
比較的滑らかな短毛で覆われています。ゼーゼーという鼻息や、いびきをかくのも可愛いと思える方にお勧めです。

 

歴史

パグほど世界中で様々な名前がある犬はいないかもしれません。
中国では「パークー」。オランダで「モプスホンド(おどけた犬)」、ドイツで「モプス(しかめっ面)」、イギリスでは「ダッチ・パグ」や「チャイニーズ・パグ」。
更にパグという名前の由来も、ラテン語の「パグナス(握りこぶし)」という説や、18世紀に流行したパグモンキーの「マーモセット」に似ているから。など色々。

起源は、何世紀も前に遡り、かつてチベットの仏教僧たちがパグをペットとして可愛がっており、その際に小型化していったと考えられています。

その後、当時の東インド会社によって、オランダに持ち込まれたパグは、瞬く間に人気を博し、フランスでもイギリスでも、貴族の婦人達から愛好されていました。
ヴィクトリア朝時代のパグは、顔のしわを強調のために、「断耳」をする習慣がありました。

気質と管理

見た目とは裏腹に、コミカルな一面を見せてくれるパグ。愛情が深く、家族にも友好的で、一緒に生活しやすい犬種です。
小さな子供ともすぐに仲良くなれるといわれていますが、少し頑固な面も持ち合わせているので、
しつけはじっくりと行いましょう。
基本的には飼いやすく、良くはしゃぎ、人を喜ばせるのが大好きな愛くるしい犬種です。

暑さと高い湿気に弱いので、あまり長時間屋外で過ごさせない方がよいでしょう。
被毛のケアは最小限で十分です。短毛なので、時々ブラッシングをしてむだ毛を取り除いてあげましょう。ただし、顔のしわは、皮膚病などに感染しないよう、こまめにしわの間を拭き、常に清潔に保つようにしましょう。

健康と食事

太りやすいので、運動と食事管理は必要です。毎日散歩に連れ出し、活発に遊ばせて運動をさせる必要がありますが、暑さ寒さに大変弱いです。特に夏場は熱中症対策を忘れないように。
被毛の手入れは簡単でOK。
多い悩みに、皮膚病、肥満が挙げられます。良質なタンパク質は、太りにくく、健康で代謝の良い上質な筋肉形成をサポートします。

シェア