ポメラニアン

犬種図鑑

ポメラニアン

原産地 ドイツ
ダブルコート
毛色 ブラック、ブラウン、チョコレート、レッド、オレンジ、クリーム、パーティカラー等
別名 ツベルク・スピッツ、ドワーフ・スピッツ
体重 1-3kg

ポメラニアンの特徴

ポメラニアンは、スピッツ族の中で最も小さな犬種です。小さな耳と、くるっと巻いた尾が、スピッツと似通っています。
用心深い目と、警戒心の強い表情が特徴で、活き活きとした足取りがより一層活発な印象を与えます。
被毛は綿状態の豊富な下毛と、開立した上毛から成り、タンポポのような広がりが美しさのポイントです。

 

歴史

原産地はドイツのポメラニア地方。大型のジャーマン・スピッツの中から作り出された、最も小型の犬種で、時代と共に徐々に小型化されていきました。
18世紀にイギリスに持ち込まれてから、ポメラニアンの愛称で呼ばれるようになり、19世紀中ごろ、小型の犬種が登場して、いよいよ人気が出てきたと言われています。

ビクトリア女王が大変愛好し、1891年の第一回クラフトショー(現・イギリスケンネルクラブ本部)に愛犬を出陳したのは有名です。

その後、イギリスとアメリカで様々な毛色のポメラニアンが生まれ、サイズはさらに小型化。毛糸玉のようなころころとした被毛も、より強調されていきました。

気質と管理

大変活発で、じっとしていられません。好奇心も旺盛で、遊ぶのが大好き。ゲームや冒険など頭を使う事も好みます。良く動き回るので、室内で生活しているだけでも十分な運動量になりますが、短い散歩や室内でのゲームを取り入れてあげると尚良いでしょう。
暖かな被毛を持っていますが、家族との交流を好む寂しがりな一面があるので、屋内で買うのが適しています。
美しい被毛を保つため、1週間に2回程度のブラッシングが必要です。

健康と食事

下毛が密集しているため、熱がこもりやすく、夏などは熱中症に注意が必要です。また、大好きな遊びに熱中しすぎて転落、転倒をして骨折をする事故も。
ポメラニアンに多くみられる悩みが、涙やけ、皮膚病などのアレルギー、消化器系トラブルです。これらの多くは、安価な添加物や、粗悪なタンパク源から発症することが多い為、化学添加物の少ない、良質なタンパクを多く含んだ食事を心がけましょう。健康な皮膚を維持する事が、美しい毛づやにもつながります。

シェア